村上宗隆の実家は金持ち?庭に滑り台がある?

今回は村上宗隆の実家・家族構成についてまとめました。

村上宗隆の家族構成まとめ

家族構成
父親・村上公弥 株式会社村上不動産を経営
母親・村上文代 村上宗隆含め3人の子供を育てた専業主婦
兄・村上友幸 元社会人野球選手で自動車内装メーカー勤務(3歳年上)
弟・村上慶太 日本大学野球部所属(5歳年下)

村上宗隆の父親

村上宗隆と父・公弥は高校を卒業後、地元熊本県で建設会社に就職をし、10年間勤務していました。

2007年頃、脱サラをして「株式会社ムラカミ不動産」を設立し、経営していることを2017年12月2日に発売された週刊誌のインタビュー記事で話していました。

このインタビュー記事から見えてきた父親と村上宗隆のエピソードは次のとおりです。

村上宗隆の父親も野球?

画像

村上宗隆の父・公弥も、子供の頃は野球少年で熊本県の強豪高校に進学しましたが、1年生の時に右肩のケガが原因となり、野球人生に終止符を打つことになりました。

だからといって自分の息子達に野球を強要して夢を託すということはなく「中学以降は自分の人生」という考えで息子たちがやりたいことをやらせていたそうです。

自分の夢を押し付けない、しかし子供がやると決めたことを全力で応援するという子育てをしてこられたようです。

村上宗隆の父親は厳しい?

村上宗隆の父・公弥は子供達が小学生の頃、礼儀やマナーにおいてとても厳しく口が酸っぱくなるまで言い聞かせていたそうです。

箸の持ち方・ご飯粒を1粒も残さないなどの食事マナーから、「おはようございます」「ありがとうございます」「ごめんなさい」といった挨拶に至るまでとにかく厳しく言って聞かせ、時には手を上げることもあったそうです。

村上宗隆の母親

村上宗隆の母・文代は父親を取材した2017年12月2日の週刊誌によると高校生時代はバレーボール選手でアタッカーをしていたそうです。

父・公弥より2歳年上の年上女房で、身長は170cmと高身長、村上宗隆が188cmあるのは母親の遺伝だと言われています。

そんな母・文代とのエピソードは次のとおりです。

村上宗隆の母親は良き理解者

村上宗隆の母・文代は学生時代バレーボール選手だったこともあり、スポーツをする息子たちの生活を支えるための良き理解者で協力者だったそうです。

村上宗隆は子供の頃は父親から怒られると、母親のもとに行き慰めてもらっていました。

母・文代は家庭内のバランスをみながら家族を守っていたことが分かります。

村上宗隆の母親は料理上手

村上宗隆の母・文代は料理上手で食べ盛りの息子達の毎日の食事や弁当などを栄養満点レシピで作っていました。

そんな母の美味しい食事面でのサポートがあったから、村上宗隆は好き嫌いすることなく何でも食べて育ち、強靭な体格を作り上げることができたといえます。

家庭が円満だと野球に集中することもできるでしょうし、精神面でも大きな支えとなりますので母親の献身的なこれらのサポートは村上宗隆にとって不可欠な存在だったことでしょう。

村上宗隆の兄

村上宗隆の兄・友幸は村上宗隆よりも3歳年上で「テイ・エステック」に勤務しています。

兄・友幸も子供の頃から野球に励んでおり、名門・東海大熊本星翔高校に入学し東海大学に進学。

その後プロには進まず「テイ・エステック」に入社し、働きながら自主練を重ねていました。

2020年にテイ・エステックに野球部が創部され入部しますが、2022年10月31日に社会人野球引退を表明、小学生の頃から始めた19年間の野球人生に終止符を打ちました。

村上宗隆と兄の腕前は?

村上宗隆の兄・友幸は小学校入学後すぐに野球を始め、中学校時代には熊本東リトルシニアでピッチャーをしていました。

高校生になると193cmという高身長から149キロという豪速球を投げ込むことができるほどの有能な選手で社会人野球でも投手として活躍していました。

ちなみに高校生の頃の夢は「高校教師」だったため、を「東海大学」に進学しています。

村上宗隆の弟

弟・慶太は村上宗隆より5歳年下で、他の兄たちと同じように野球をしています。

九州学院高校時代の2022年には甲子園に内野手として出場し、2023年からは日本大学へ進学し現在は大学野球に専念されています。

村上宗隆の弟も体格が優れている

兄・友幸、村上宗隆と続いて弟・慶太も189cmの90キロと高身長でがっしりとした体格です。

高校3年生の頃に出場した甲子園では4番の一塁手となりベスト8を果たしチームを引っ張る存在として活躍してきました。

2022年のプロ志願は残念ながら指名漏れとなりましたが、今後も注目される存在ではあるでしょう!

村上宗隆の兄弟仲は?

村上宗隆の兄弟仲はとても良好なんだそうです。

三男・慶太が受けたスポーツグラフィックナンバーウエブの取材記事から次のように兄弟仲の良さをまとめました。

  • 弟・慶太の一番尊敬する野球選手は兄・村上宗隆だと言っている
  • 友幸も慶太も東京ヤクルトスワローズが2年連続リーグ優勝すると「おめでとう」とメッセージを送った
  • 兄・友幸が社会人野球選手時代、試合のたびに村上宗隆は「頑張れ」と応援を送っていた
  • 兄弟同士でTwitterなどのSNSをチェックし合っている
  • 実家に帰った時には家族でゲームをして遊んでいる(誰よりも三男・慶太が強い)

他にも村上宗隆はTwitterで2018年7月には弟・慶太に向けて「甲子園頑張れよ」とエールを送っており兄弟の仲の良いと推測されます。

村上宗隆の家族エピソード

3兄弟全員が小さな頃から野球という1つも目標に向かって切磋琢磨してきた村上家ですが、家族として次のようなエピソードがありました。

村上宗隆は家族で団らん

料理上手な母・文代はよく食べる3人の息子達のために、体づくりに適したメニューの食事を考え、作ってきました。

そして家族全員が一緒に食事をし、その日にあった出来事や野球のことを語り合い、コミュニケーションを取る時間をもうけていたそうです。

兄弟仲が良いのも、家族での団らんを小さな頃から大切にしてきたからこそですね。

村上宗隆の実家(地元)はどこ?

村上宗隆の公式プロフィールを見ると熊本県熊本市生まれであることが分かります。

現在も父・村上公弥は地元熊本で不動産会社を経営していますので実家は熊本県にあります。

ちなみに村上宗隆の学歴は次のとおりです。

  • 熊本市立託麻南小学校卒業(託麻南小野球クラブに入団)
  • 熊本市立長嶺中学校卒業(熊本東リトルシニア所属)
  • 九州学院高等学校に進学(肥後のベーブ・ルースよ呼ばれる)

そして2017年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズからドラフト1位で指名され入団が決まり、プロ野球選手として活動を始めました。

村上宗隆の実家は裕福?

村上宗隆の実家が裕福だと言われる理由は次のとおりです。

  • 父親が不動産会社を経営しているから
  • 3兄弟のうち2人が大学進学しているから
  • 3兄弟ともに野球を子供の頃からやっているから

村上宗隆の現在の自宅はどこ?

村上宗隆はプロ入団後、4年間はチームの寮で生活をしていましたが、2022年頃からは都内のマンションで1人暮らしを始めていると2022年のフライデーデジタルが報じています。

またその中では地元のある熊本にファミリータイプのマンションを2棟を投資目的で所有していると言われていました。

村上宗隆はハーフ?

村上宗隆がハーフなのではないかというキーワードがありましたが、ご両親も兄弟3人ともに日本人です。

もしかすると兄弟3人とも180cmを超える高身長ですので、日本人離れした体格という点からハーフなのではないかと言われたのかもしれません。

以上、村上宗隆の家族に関するまとめでした。

コメント