花輪くんの実在モデルがイケメン!両親の職業は?まる子が好きな理由は?

アニメ

「ちびまる子ちゃん」とは、作者さくらももこにより描かれた日常コメディ漫画であり、日本を代表する国民的アニメでもあります。

小学3年生の主人公・まる子を中心に物語が進んでおり、学校生活で起こる何気ない小学生の日常や家庭内で起こる小さなトラブルなどを面白おかしく描いていることで、他人事のように思えないストーリーに誰もが釘付けされたのではないでしょうか。

作中では主人公・ちびまる子を含め個性豊かなキャラクターが数多く存在しています。

今回は、そんな「ちびまる子ちゃん」に登場する、大人気やラクターの一人でもあるまる子の同級生・花輪くんの魅力を詳しくご紹介したいと思います。

アニメ視聴者から人気が高い、世代を超えて愛され続けられるキザ男花輪くんとは、一体どんな人物なのでしょうか。

それでは早速、記事をご覧ください。

花輪くんの年齢(誕生日)/本名/身長体重は?


花輪くんの本名は「花輪 和彦(はなわ かずひこ)」です。

主人公・まる子のクラスメイトの一人であり、作中ではお金持ちのお坊ちゃんとして描かれています。

誕生日は1986年8月7日。血液型はB型です。

1986年生まれなので、現在の年齢にすると30歳ぐらいでしょう。
ですが、大人になった花輪くんが想像できませんし、なんだか年月が過ぎていくのを感じ寂しくなってしまいます。

誕生日の数字8と7で「はなわ」と読めるように語呂合わになっており、作者のイタズラ心が感じられます。

いつも冷静で作中では、冷静でまる子達が喧嘩すると常に中立な立場になり、大人な発言が目立ちます。

しかし、好きなスポーツはテニス、好きな食べ物はお寿司、学校給食で好きなのは酢豚など、子どもらしい一面もあるようです。

花輪くんの家族構成

まる子や親友であるたまちゃんの両親は作中で姿を良く見せますが、花輪くんの両親はアニメ内でも登場シーンが少なく家族構成を知らない方も多いと思います。

今回はそんな花輪家の家族をご紹介します。

アニメ内では父、母、ひでじぃ、祖父、花輪くんを含め5人が作中に登場しました。

父の本名は不明。大富豪で普段は海外で仕事をしているため、花輪くんの住む日本には中々戻れないようです。

母についても本名は不明です。
父に付き添い共に日本には戻っていないようです。

そんな両親が居ない花輪くんを、側で支え続けているのがひでじぃです。
ひでじぃは、花輪くんのお世話係であり、花輪家の執事でもあります。

一方、祖父について登場シーンはありませんが、弁護士兼大地主であることが執事のひでじぃの口から明かされています。

花輪くんの執事ひでじいの本名/モデルは?


ひでじぃとは、花輪くんの幼少期からお世話役として花輪家に勤める執事です。

本名は西城 秀治(さいじょう ひでじ)であり花輪君からは、愛称でひでじぃと呼ばれています。

実在するモデルが多い「ちびまる子ちゃん」ですが、ひでじぃについて特にモデルとなった人物は存在しません。

秀治は花輪家に使用人として長年勤めており、その優秀さから他の使用人からの人望も厚かったようです。

しかし、戦争が起きたことで戦地へ赴くことになります。

無事帰還した後は家族との幸せな生活を送りますが、娘が嫁に行き、10年前に病気で妻に先立たれてしまうことで心の支えを失ってしまいました。

そんなひでじぃを心配した花輪家当主が幼い花輪くんのお世話役になって欲しいと秀治に頼んだようです。

花輪くんのお母さんの年齢(誕生日)は?


母の本名は不明。

29歳と若く、花輪くんを 20歳の若さで出産しています。
花輪くんの母をみた、まる子は「女優さんみたいに美人」だと絶賛していました。

作中では、花輪君の誕生日会でピアノを披露してくれています。
その際は、息子である花輪君の事を「かずちゃん」と呼んでおり、とても仲の良い親子のようです。
しかし、母は海外を飛び回っており、花輪くんと母が一緒に居られる時間は少ないようです。

そのためかまる子の家族団欒姿をみて花輪君は「お父さんや母親が毎日側にいる日常を羨ましい」と語っていました。

花輪くんの両親の仕事は?


花輪くんの父は「海外の取引相手と商品やサービスの売買をする」貿易商をしており、パリ・ロンドン・ニューヨクに自身の店を持ち、ホテルの経営もこなす実業家でもあります。

アニメに登場しているようですが、忙しいという理由から一度だけの幻回となったようです。

母は、国際的なピアニスト兼デザイナーをしており、父と同じように海外を飛び回って忙しい人物のようです。

祖父は大地主であり様々の場所に土地を持っているという話ですが、作中での登場は一度もありません。

花輪くんのモデルが実在した件!モデルがイケメン?


常に女子に囲まれているモテモテの花輪くんですが、実際のモデルがいることをご存知でしょうか。

なんと、花輪くんの実物のモデルは「女性」です。
彼女は、病院経営者の一人娘で中学時代では作者のクラスメイトでした。

女性なので花輪くんのような言葉遣いはしませんが、白い豪邸に高級車が3台並ぶような大金持ちの娘でもあります。

金持ちであることを自慢したりせず気さくな性格の彼女ですが、容姿についての記載はありませんでした。

大人になった現在は経営者をしており、多忙でありながらも快く取材に応じてくれるなど気さくな性格は現在も変わらないようです。

ちなみに20代のときにジャーナリスト目指していた過去があります。

花輪くんの実家が豪邸な件!間取りは?

花輪くんの家の記載についてはありませんが、花輪くんの家のトイレを使用したまる子が「私の部屋と同じぐらいの広さ」だと話しています。

まる子宅の部屋は姉との兼用であるため広めに8畳ぐらいあるとされているので、花輪くんの家のトイレは8畳あると思われます。

まる子とその友人6名が花輪くんの家を訪れた際には使用人が12名玄関でお出迎えをしてくれました。

ひでじぃを合わせて19名は、玄関に居るはずなのに狭さを感じさせることはありませんでした。

その他にも花輪くんの部屋・応接間・ダイニングとアニメ内で登場していますが、全てにおいて広々な空間であることがわかるような場面が多くあります。

全ての部屋において狭さを感じさせない花輪邸はかなりの大豪邸だと考えて良いと思われます。

花輪くんはまる子が好き?理由は?

花輪くんは、まる子がマスクを付け登校した際にな下校を待ち伏せ自家用車で家まで送迎したり、まる子が悩んでいる際には真剣に相談にのってあげたり、作中ではまる子に対してとても親切で優しい花輪くんの対応が目立ちます。

まる子に好意を抱いている可能性があるのではないかとファンの間では噂になっていますが実際はどうなのでしょう。

花輪くんはレディーファーストを常に重んじるフェミニストであり、全ての女性に対して優しく接しています。

「ちびまる子ちゃん」では、主人公のまる子が中心に話が進んでいるからこそ、花輪くんの行動がまる子への好意だと感じてしまうだけなのではないでしょうか。

その証拠に、花輪くんのクラス女子からの評価は「優しい男の子」だとされています。

花輪くんといえば先に「お金持ち」という印象が大きいなかで「優しい」という評価はまる子以外の女子にも、まる子と同じ対応をしているからなのではないでしょうか。

そのため、花輪くんがまる子に好意を抱いている可能性はゼロだと思われます。

花輪くんのセリフ・口癖は?


花輪くんの話し方はとても独特的です。

  • 「どうしたんだい、セニョリータ」
  • 「辞めてくれためえ、ベイベー」
  • 「グッバァーイ」

上記のように、日本語・英語・フランス語などが混ざっている喋り方に疑問を持たれてる方も多かったと思います。

実は花輪くんは、英会話教室にて英会話の勉強をしているため語学力に長けています。

さらに3歳の頃から英語やフランス語を習っており、会話の語尾に「ヘェ〜イ」「メイビ〜」などを付けることが多く、幼い頃からの英才教育があったからこそ花輪クンは独特的な口癖が完成されたのではないでしょうか。

花輪くんの声優は変わった?現在の声優は?

お茶の間で「ちびまる子ちゃん」の花輪くんの声に違和感を覚えた視聴者達がいつの間にか声優が変更してしまったのではないかと言うことで、放送終了後もSNSで騒動になっていました。

しかし、花輪くんの声優は2017年から変更されておらず、急な変更を騒がれた日も、いつもと同じ声優さんである「菊池正美(きくち まさみ)」が花輪くんの声を担当していました。

菊池正美は、元々は俳優志望でしたが、フリーで活動していたこともあり生活が苦しかったことからトルバードール音楽事務所のオーディションを受けます。

無事受かった菊池は1983年「聖戦士ダンバイン」で声優デビュー。

その後、声優の面白さに気づいた正美は様々な役をこなすことになります。

長年演じている「ちびまる子ちゃん」の花輪くんについて、強烈なキャラクターの濃さに圧倒されたこともありますが、アドリブなどを入れて花輪くんのキザなキャラクターを引き立てるために努力していたことを話しています。

熱があり喉を痛めていたから花輪くんの声が出せなかったことや、声優交代前に声を調節するためにいつもと違う声で花輪くんを演じていたという可能性も考えられますが、詳しい事については明かされていないようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました