高校生の初恋の体験談まとめてみた

ペンネームは、執筆出です。 生まれ年、1966年、年齢は52歳です。 二人が初めて出会った場所は、学校を卒業して初めての職場にも慣れてきた頃でした。 当時の私のスペックは年齢は22歳頃、体型は中肉中背、政治家の現内閣総理大臣のパパに似ておりました。 職業はライン製造作業員、特技は映画観賞や旅行が当時は盛んだったですね。 相手のスペックは、年齢は同い年、体型は中肉中背、パヒュームの一人に似てました。 職業は私と同じです。特技は伺っておりません。とにかくお互い無口でしたが「新鮮感」があり真面目な人でしたので私から話しかけてみました。 若い時の一途な恋でしたので一瞬の相馬灯のように過ぎていきました。現在は付き合っておりません。 当時、20代初頭ではありましたが、職場に可愛い社員がいてお互い無口だったため、何か心が引かれるところがあったのでしょうか。 同じ職場で確か入社式も一緒だったと思いますが、いっぱい人がいましたのでしばらくは気づきませんでした。 出会ったのは職場内で持ち場を転々としていた時にライン作業に映ったっ時でしたね。 仕事中はもちろん真面目でしたが休憩時間も他を寄せ付けない可憐な要素のおありな素敵な方だと言うことは覚えております。 当時でもあんなに清らかでおとなしい真面目で純粋なお嬢様はいなかったでしょう。 周りからも注目はされていたのかもしれませんが、帰りの電車も一緒でしたのでたまに「今お帰りですか、今日も仕事きつかったですねえ」等話して 相手もそれに笑顔で答えてくださったのです。 それからもたまに出くわしては笑顔でにこっとしていましたが、ある日から何か私を避けるようになられたのです。 話しかけても話してもらえません。 理由は何故かわかりませんが、誰かに何かを言われたかのような雰囲気でした。 休憩時間も相手の方は、同僚数人とにこやかに輪の中の入ってにこやかにしているのですが、私には距離を置くようになりましたね。 それからしばらくして、毎日が単純作業に明け暮れていた為、スキルアップを目指して会社を後にして他社に転職したのですが、 その時の恋愛が私の人生の後にも先にも最初で最後でしたね。 いまから思えばよく自分から異性にしゃべりかけることが出来た物だと驚いております。 相手の方は既に結婚していらっしゃると思いますが、私は現在は独身生活を全うしております。
ペンネーム:ゆう 1997年生まれ 21歳 地元の高校 自分のスペック:15歳 やせ型 ヒカキン 学生 ドラム 恋愛対象:15歳 ややぽっちゃり 藤田ニコル 学生 バレー 現在は破局 出会いは同じクラスで前の席に座っていた。初めて告白されすぐにはOKを出せず半年が過ぎて2度目の告白で付き合うことになった。お互いに運動部に所属していて夜まで練習があったので帰り道遅くまで公園でゆっくり休んでいた。クラスが3年間同じこともあり教室でイチャイチャしていると同級生の男子から冷ややかな目で見られたが彼女が番長的存在だったため誰も文句を言えなかったのがいい思い出。一番の思い出としては初めて自分の家に呼んだこと。人生で初めてだったため両親は嬉しそうにご飯を作って家族ぐるみで食事をしたことが印象的。高校3年間は毎日のように顔をみていたが喧嘩が多かった。喧嘩というより怒られていた記憶が強い。しかし仲はとても良かった。高校を卒業し彼女は就職、自分は進学した。そこで彼女とすれ違いが起きるようになった。特に金銭的問題。彼女の方が稼いでいたため自分が奢ることが少なかった。そういう点で嫌気がさしたのか彼女は職場の10個離れた上司に恋をして自分は降られた。そしてすぐに彼女はその彼と結婚した。約3年間付き合っていた。
苦い思い出だけど出会えて良かったです… 1.mako 2.1989年 30歳 3.高校1年教室 4.16歳・普通・ミムラ・高校生・テニス 5.16歳・痩せ・市原隼人・高校生・バスケ 6.私が彼に初めて出会ったのは、高校1年生のときで、ほかの男子と変わらずクラスが一緒というだけの存在でした。最初に話すきっかけとなったのは、パソコンを使った授業で隣の席になったことでした。操作の仕方がわからず話しかけたのが始まりでそれからは授業があるたびに話すようになり、私は、少しずつ好意を持つようになりました。ただその彼にはすでに彼女がいました。彼女とのエピソードを楽しく話してくれたり、相談を受けたりと友人として仲良くなっていきました。彼女がいる時点で告白することは諦めていました。1年がたちクラス替えの時期がやってきました。これで話す機会も減るなと残念に思っているとまさかのまた同じクラスで席も隣になったのです。嬉しくもありましたが、正直毎日会えると好きという気持ちがますばかりで…。彼女の話を聞くのはつらいなと思っていました。そんな時彼と彼女が突然別れることになったと聞きました。分かれて1週間がたったある日私の携帯に彼から連絡がきました。とても嬉しくてそれからはよく連絡をとるようになり、夏休みには映画を見に行くことになり、その帰り道で告白されました。ただ彼女と別れてから1ッか月もたっていないのでいったん返事を保留にしていました。それから何度か遊びそろそろ私から再度告白しようと思っていた矢先、友人から同じクラスの女子が彼と映画に行ったときのプリクラを見せてたよと。確かに付き合っていたわけでもなかったのですが、正直ショックでした。問いただせば良かったのですが聞くのが怖くそのまま話すのも嫌になり避けるようになり、彼も私が急に避けはじめたことに触れてこず私へのあの時の告白は本気ではなかったのだと。それから1か月、彼は同じクラスの子ではなく1学年下の子といつの間にか付き合っていました。彼は彼女ができれば誰でも良かったのでしょう。ただ私自身もあの時何も聞かずに避けてしまったので彼だけが悪いというわけでもないかもしれませんが。あっけなく私の初恋は終わりましたが、彼と話した時間はとても楽しく今となってはあの時幸せだったなとも思うので、出会えてよかったなと思っています。
.aoi 2.1983年35歳 3.中学校4.14歳の中学2年生細身の地味な感じで昔の遠野なぎこさんから綺麗さを奪った感じ5.中学校の同級生。バスケ部でクラスの人気も高い。キングコングの西野さん似6.(★★★★)6.初恋のきっかけは中学2年生のクラス替えで同じクラスになり、席が隣り合ったことでした。今までも気になる男の子はいましたが、ここまで本気で好きになり付き合いたいと思ったのは彼が初めてでした。当時の私は男子と話すことが苦手でいつも女子の中で固まっていました。その女子の中でも目立たないようにしていたのでクラスではほとんと存在感がありません。ですが彼はそんな私にも気さくに話しかけてきた初めての男子でした。新学期の初日、席が隣とは言えずっと話しかけてきた時には正直なところ戸惑いの方が大きかったです。人と話すのが苦手な私にとって知らない男子と急に話すなど困難なことでどうにか気まずい雰囲気にならないように返答するので精一杯です。なので初日は彼の応対だけでぐったりとしてしまいました。その次の日も、その後も彼は事あるごとに私に話しかけてきます。彼はクラスでも目立つ方ですので友達も多くいろんな人とも話しているのですが、勉強の質問などがある時は全部私に聞きますし、席についている時にはほとんど私としゃべっています。最初は疲れていた私も段々とそれが楽しくなってきて、彼と会えない休日がつまらないと感じるくらいになっていました。そこで私は自分が彼に恋をしていることに気が付きます。ですが当時の私にはそんな時どうしていいのかはまったくわかりません。にも関わらず、彼も私のことが好きなのだろうと根拠の無い自信があり、とにかく彼との接点を切らさないようにしておけばいずれ告白してくれるのではないかと期待を寄せていました。今となっては笑ってしまいますが、会話も広がらず受け答えしかできない私のことを彼が好きになる要素などありません。1学期の終了直前に席替えがあると彼との縁はあっさりと切れました。そこで私が話しかける勇気があればまだ良かったですが、私にできることは待つことのみです。その内に彼がバスケ部の同級生と付き合っているという噂が流れ、私の初恋は何もできないまま終わりを迎えました。
1. たーたん 2. 1982年 37歳 3. 中学校 4. 14歳。痩せ型。特に誰かに似てるとは言われたことはなく、細い目、小さな口、小顔でした。 5. 同い年、色白男子が好み。どちらかと言うと痩せ型。特には誰にも似ていなかった。 6. 付き合ってはいません。 【体験談】 初恋はすれ違ってばかりで、付き合うことは叶いませんでした。告白は向こうからです。 陸上部の放課後 練習に、彼と その友人が近づいてきて、もじもじ している彼に変わって その友人が、「こいつ お前のことが好きだって。」と、ぶっきらぼう に言い放ち、逃げるように去って行った日のことを、鮮明に覚えています。突然の事に、『はい?何?』と状況がつかめませんでしたし、彼の口から聞いた訳でもないので、からかわれて いるのだと思い、怒りを覚えた程です。 『好き』というキーワードから、彼を意識しない では居られなくなり、私の方が彼を目で追っていて、仲が良かったのに、近づけなく なりました。中学2年の訳の分からぬ告白から、初恋に発展した私は、彼の後ろ姿を目で追っただけの、中学校 生活となって しまいました。なぜなら彼はモテていて、すぐ彼女ができたからです。後に同窓会で再会した時に、思い切って告白の件を尋ねました。すると、覚えておらず、確かに気持ちがあったことだけは聞くことが出来ました。当時、一つ下から逆告白されて、モテた割にはその時、まだ付き合った経験が無かったので、流されて、付き合うことになってしまったのだとか。期間は短かった そうですが、彼女が出来たことを聞いた私は、ガクン!とショックは大きくて、以来、目も合わさないし、なるべく彼を無視し、そうしている内、他に好きな人が出来ました。でも叶わなかった恋は、後にも先にも彼、たった一人で、そのせいか、思い残しがあるのか、30代の現在でも、定期的に彼の夢をみます。
未だ解けない謎  1.harutea 2.1999年 20歳  3.小学校  4.11歳 やせ型 賀来賢人に似ている 小学生 特技なし 5.12歳 普通 本田翼に似ている 小学生 絵が上手い 6体験談  小学5年生になりクラス替えがあった後、私には気になる子ができました。聡明快活でよく笑う女の子でした。5年生以前より交流はあり、友達ではありましたが明確に好きだと感じたのはその頃でした。 しかし私に告白する勇気はなく、卒業式を迎えました。しかし卒業式が終わった後のことです。彼女が私に手紙を渡してきたのです。舞い上がった私は帰宅してすぐ家族にも隠すようにしてその手紙を開きました。その中に書かれていたのは、「卒業したけど友達でいようね。」というような文とメールアドレスでした。きっと私だけではなく他の友人にも渡していたのでしょう。がっかりしましたが、メールアドレスがあるということはまだ連絡を取れるということです。諦めてはいませんでした。  中学生になった私はケータイを買ってもらい、頻繁に彼女とメールのやりとりをしました。メールの着信音が鳴る度にテンションが上がったのを覚えています。 中学1年生の12月、私は意を決して告白しました。きっかけを覚えていませんが、クリスマス前後の恋愛番組に触発されたのでしょう。そして帰ってきた返事は「返事は待ってほしい。」というもの。断られたわけではないと少し嬉しくなりました。  さらに時間が流れ、2月のことです。これは振られたのかな?と考えていたころでした。「返事は遅くなったけど、付き合おう。」というメールが届きました。なんの2ヵ月だったのか?その頃の私も変だと思いつつ、そのまま付き合うことにしました。  しかし付き合い始めてからメールの頻度が気にかかるようになりました。以前はなんとも思わなかったのですが、付き合っているのだと考えると物足りなくなっていました。そこで彼女にメールの頻度が少なくない?とメールを送りました。  すると「部活で忙しいし、そんな余裕はない。」と返されてしまい、そのまま振られてしまいました。部活で忙しくても3日に数回程度のやりとりになってしまうのか?2ヶ月間待たされた期間になにがあったのか?その1つのメールで振られるほどだったのか?彼女とはデートもまだだったので卒業式以来会っておらず、未だにわからないことだらけです。
私は1980年生まれの39歳、初恋の彼女とは同じ学校に通っており席は隣同士、私達が育ったのは生徒数が少ない過疎な町、当初の私達は異性としてではなく兄弟姉妹のような関係でした。 田舎の子供のため私達は頬が赤く、着ている洋服は兄や姉のお下がりを着させられていました。町には娯楽施設が何もなく、家事を手伝うのは子供の役目。 地元には高校がないため10代半ばで下宿生活、地元を離れる際はこれで会う機会が少なくなると思い私も彼女も涙、しかし、下宿先が近かったこともあり、地元に居る時より会う機会は多くなりました。 その頃は思春期、親しくしているだけで異性として意識、そう考えるのは彼女も同じだったらしく、互いが近くに居ることでホームシックになることはありませんでした。二人とも家は裕福ではないため、帰省が出来るのは長期の休みの時だけ、一緒に居るところを町の人に見られると何を言われるか分からないため、同じバスに乗っても離れた席に座りました。 帰省した私は家族と一緒に地元の行事に参加、弟達は催し物を気にしているのですが、私が気になるのは彼女も行事に来ているかどうか。 彼女のことは全てインプットしていると思っていたのですが、なかなか彼女を見付けられず、諦めて帰ろうと思った時に浴衣を着た彼女を発見。浴衣を着た彼女を見るのはその時が初めて、私には家族、彼女も家族が一緒に居るため声は掛けられず、地元に居る時にはろくに会話も出来なかったのですが、下宿先に向かうバスのなかで初めてキスをしました。 それは二人にとって生まれて初めてのキス、貧乏学生だった私達はキス以上に発展することはなく、高校卒業を機に私達は別々な進路を歩むことに。 心の中にはいつも彼女が居たのですが、風の知らせで彼女に新しい彼氏ができたことを知ると、私の中で彼女の存在は徐々に小さくなってしまい、私は就職して最初に付き合った女性と結婚、子供にも恵まれました。 現在は長期の休みが取れるとその妻と子供を連れて地元に帰省、家族には思い出の場所を案内するのですが、彼女のことは秘密。結婚して一度だけ地元の行事に参加した時、浴衣を着た彼女に会ったことはあるのですが、彼女の隣にはお子さん、私の横にも家族がおり、互いに軽くお辞儀をしただけ。 それから何年も経つのですが、地元で行事が行われる時期になると今も彼女を思い出します

私は1980年生まれの39歳、初恋の彼女とは同じ学校に通っており席は隣同士、私達が育ったのは生徒数が少ない過疎な町、当初の私達は異性としてではなく兄弟姉妹のような関係でした。

田舎の子供のため私達は頬が赤く、着ている洋服は兄や姉のお下がりを着させられていました。

町には娯楽施設が何もなく、家事を手伝うのは子供の役目。

地元には高校がないため10代半ばで下宿生活、地元を離れる際はこれで会う機会が少なくなると思い私も彼女も涙、しかし、下宿先が近かったこともあり、地元に居る時より会う機会は多くなりました。 その頃は思春期、親しくしているだけで異性として意識、そう考えるのは彼女も同じだったらしく、互いが近くに居ることでホームシックになることはありませんでした。二人とも家は裕福ではないため、帰省が出来るのは長期の休みの時だけ、一緒に居るところを町の人に見られると何を言われるか分からないため、同じバスに乗っても離れた席に座りました。 帰省した私は家族と一緒に地元の行事に参加、弟達は催し物を気にしているのですが、私が気になるのは彼女も行事に来ているかどうか。 彼女のことは全てインプットしていると思っていたのですが、なかなか彼女を見付けられず、諦めて帰ろうと思った時に浴衣を着た彼女を発見。浴衣を着た彼女を見るのはその時が初めて、私には家族、彼女も家族が一緒に居るため声は掛けられず、地元に居る時にはろくに会話も出来なかったのですが、下宿先に向かうバスのなかで初めてキスをしました。 それは二人にとって生まれて初めてのキス、貧乏学生だった私達はキス以上に発展することはなく、高校卒業を機に私達は別々な進路を歩むことに。 心の中にはいつも彼女が居たのですが、風の知らせで彼女に新しい彼氏ができたことを知ると、私の中で彼女の存在は徐々に小さくなってしまい、私は就職して最初に付き合った女性と結婚、子供にも恵まれました。 現在は長期の休みが取れるとその妻と子供を連れて地元に帰省、家族には思い出の場所を案内するのですが、彼女のことは秘密。結婚して一度だけ地元の行事に参加した時、浴衣を着た彼女に会ったことはあるのですが、彼女の隣にはお子さん、私の横にも家族がおり、互いに軽くお辞儀をしただけ。 それから何年も経つのですが、地元で行事が行われる時期になると今も彼女を思い出します

藤原竜也と松岡茉優の初恋

  • ペンネーム:乃愛
  • 年齢:2001+18歳
  • 二人が初めてであった場所:高校
  • 当時のあなたのスペック:16歳・普通体型・藤原竜也・学生・暗記
  • 当時の恋愛対象のスペック:16歳・細身体型・松岡茉優・学生・家事
  • 相手の評価:★★★★★

 

私の初恋は高校に入学してからでした。

初めて会った時に私はその子のことを特別意識したわけではありませんでした。

しかし、お互い同じクラスということもあり、話して打ち解けていくと、相手から家庭環境相談を受けました。

その話を聞いて、一か月がたったころ、その子を守りたいという気持ちが生まれてきました。

俺が守るから一緒にいてくれと告白しました。

相手も好意を寄せてくれていたようで付き合うことになりました。

お互いが初恋でうまくいかないのは当たり前だったんだと思います。付き合いはじめはとても幸せでした。

お互いのことが一番で家族以外の愛情を注いでいって、愛し合うことが生きがいでした。

しかし、時間が経てば経つほど、学業が疎かになり、足の引っ張り合いになりました。

この現状がよくないと思った彼女は別れ話を切り出しました。

私は彼女に依存していました。

なので、到底受け入れられず、学業を一生懸命頑張るから待ってほしいと頼みました。

その時に彼女の想いは冷めていたんだと思います。その日から冷たくされるようになりました。

私はその態度に耐えられず、別れ話を受け入れました。

その日からは連絡も取らず、知り合いという関係に戻りました。

以上が私の恋愛エピソードになります。

 

 

未分類
panchingをフォローする
YouTuber大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました