KUNの本名・素顔は?年収やプロゲーマーを辞めた理由を解説

ゲーム系YouTuber

プロゲーマーという肩書を捨て、YouTuberとして活動をスタートさせた人物が居ます。

その人物の名前は、KUN!

現在、ゲーム実況系YouTuberとして活動しておりチャンネル登録者数は100万人を超えています。

 

サングラスをかけ素顔を見せないKUNについて今回は本名や素顔を調査!

また人気YouTubeとして活動するKUNの気になる年収について。

そしてプロゲーマーという肩書を捨てた理由について調査しまとめていきたいと思います。

KUNの本名・年齢(生年月日)・身長・体重は?

KUNさんの本名ですが2016年12月に自身のTwitterアカウントで「おれ。俺本名、竹本ゲンゴロウって言うんだ♪」とツイートし、本名は竹本源五郎だと話題になりました。

しかし実は本名が竹本源五郎というのはKUNさんの嘘(笑)

 

KUNさんはPeeerCast全盛期にトップ配信者として君臨していた永井先生に憧れており、ある日永井先生の身内に動画配信を行っていることがバレてしまったと言います。

そこで別名として竹本文五郎という名前を名乗っていたそうです。

この竹本文五郎がいつしか竹本源五郎となり、本名を聞かれたら名乗っているのだとか。

 

生年月日は公表していないのですが、2016年8月30日にファンの方がKUNさんに宛てて「誕生日おめでとうございます!」とツイートしていたことがあります。

なぜこのファンの方が誕生日を知っているかは謎ですが…。

またKUNさんは2016年7月30日に「やっぱ可愛い系路線で売り出すかぁ!(27歳 男性)」とTwitterに投稿していました。

投稿の内容が事実であれば現在年齢は30歳、生年月日は1989年8月30日となるはず。

 

身長については2013年にTwitterで「ほどほどに持っている身長高い側の羨ましいですか?165ぐらいかな。」と発言していました。

身長165㎝は男性の平均身長よりも随分と低い感じですね。

ビジュアルを見た感じそんなに背が低そうに見えなかったのでびっくりしました。

 

体重については非公開ですが、身長165㎝の平均体重は約60㎏であるとのこと。

おそらくKUNさんの体重は平均体重くらいじゃないかなと思います。

KUNの人気の理由・登録者数

2020年5月現在のチャンネル登録者数は105万人です!

チャンネル登録者数100万人を超えるのは芸能人でも難しいと言われているYouTuber戦国時代においてこの登録者数はすごい!!

 

KUNさんのYouTube動画が人気の理由はゲームが上手だからというのはもちろんですが、頭の回転が早く視聴者を飽きさせない話し方が出来ているからだと思います。

YouTuberにおいて、話し上手というのは武器ですよね。

 

ゲーム実況系YouTuberとして知られるKUNさんですが、時事ネタに切り込むモノ申す系動画もYouTubeに投稿しており「分かりやすくておもしろい」とひそかに人気なのだとか。

KUNは年収を動画内で公開?

KUNさんの「小中学生が職業インタビューと称して年収を聞いてくるので晒す-【KUNラジオ】」というタイトルの動画で自身の年収について話していました。

といっても、年収がいくらということを話しているわけではありません。

実はYouTubeでは具体的な数字を出した動画をアップしてしまうとアドセンス規約に反してしまうことになり、動画の収益がストップしてしまうそうです。

多くのYouTuberが動画にて年収について話さないのはこのため。

 

KUNさんは動画内で「動画を見ただけでは収益は発生しない」と発言していました。

YouTuberの収益は視聴者が広告を見る、広告をクリックすることによって発生するものであり広告をスキップしてしまうとそれは収益にならないのだとか。

といってもKUNさんは企業からの案件報酬もあるため稼いでいるとは思いますが…。

(ちなみに案件報酬は登録者数×1.5倍なんだとか)

 

KUNさんはYouTube内では年収を公開しませんでしたが、2017年にTwitterで「5000万円の年収から税金引いたら600万でした!!」年収を暴露していました。

もし本当ならば年収5000万円はすごい!てか税金引かれ過ぎですね。

 

KUNさんはYouTuberとして以外にも仕事をしていると発言しているため、YouTuber+他の仕事で年収5000万円というわけなんですね!

KUNの事務所はどこ?

多くの人気YouTuberたちが事務所に所属している中、KUNさんは事務所に所属していません。

なんで事務所入らないの?【KUN】」というYouTube動画を以前配信していて、動画内で事務所に入らない理由について話していました。

動画内で「事務所に入る必要性を感じなかった」と発言していました。

事務所に入る必要性を感じていないKUNさんですが、動画内で「顔出す系のYouTuberは事務所に入っていた方がいい」と発言。

その理由は「事務所同士の絡みとか…」と話していました。

 

KUNさんは動画を作成する上で編集など必要な人を自分で揃えているため、今後も事務所に所属するつもりはないということでした。

KUNの素顔は?

KUNさんはYouTube動画内でいつもサングラスをかけています。

そのため素顔が分からない…。

サングラスを外したときの顔が分かる画像がないかどうかTwitterなど探してみましたが、KUNさんがサングラスを外している画像は残念ながら出てきませんでした。

 

実はKUNさんは昔から強い光に弱い目の病気なのだそう。

そのため強い光を遮断するサングラスが欠かせないのだとか。

 

以前のKUNさんは目が見えないよう黒いサングラスを着用していました。

しかし最近は色の薄いサングラスを着用していることが多いので、頑張れば素顔のKUNさんをイメージできそう…。

かわいらしい目をしてますよね!

KUNのプロゲーマーを始めたきっかけと功績

KUNさんは父親の影響で幼い頃からゲームが身近にあったようです。

小学生の頃、当時家庭用ゲーム機がそれほど普及していない時代だったにも関わらずKUNさんの家にはゲーム機があったと言います。

父親がプレイしているのを見たり一緒にプレイするなどゲームを楽しんでいたのだとか。

 

プロゲーマーになったのも父親が影響しているのかもしれませんね。

 

KUNさんはプロゲーマーとしてこれまでに数々の功績を残してきました。

 

バトルフィールド3

  • BFCM 第1回大会 優勝
  • BFXBF 第1回大会 優勝
  • BFLOOK B2KCUP 優勝
  • BFCTL 2013 ~AFTERMATH~ 優勝

 

バトルフィールド4

  • JCG Master ClassJCG Master Class 優勝
  • JCG Master Class#2 5on5 ドミネーション 優勝
  • ESL Asia BF4 5on5 Asia Cup 優勝
  • ESL Asia Go4BF4#1 優勝
  • JCG Master Class#3 5on5 優勝
  • JCG Master Class#3 優勝
  • ESL Asia Go4BF4#9 優勝

 

こちらはKUNさんのウィキペディアに掲載されていた情報です。

KUNさんがこれまでに数々の大会で優勝してきたことが分かります。

KUNのプロゲーマーを辞めた理由

KUNさんは「「KUNラジオ」プロゲーマーをやめた話とYOUTUBE収益の話」というYouTube動画でプロゲーマーをやめた理由について話しています。

KUNさんはプロゲーマーとして活動していた当時、DetnatioN BYCMというプロゲーマーチームのリーダーをしていました。

ある日、チームのメンバーが他のチームに対してチ―ト疑惑をかけていました。

そこでチ―トを検証する動画を匿名で投稿したのですが実はチ―ト疑惑は捏造で、DetnatioN BYCMのメンバーが自分たちがやったということを認めます。

KUNさんはリーダーとして責任を取るためにチームを脱退したのだと言います。

 

こうしてプロゲーマーとして活動することを辞め、YouTuberになったと話していました。

KUNの大学はどこ?

KUNさんは「大学を卒業している」と発言しています。

どこの大学を卒業しているのかは発言していませんが、「教育実習に行っていた」と話していましたので、教育課程のある大学であることは間違いないでしょう。

 

KUNさんは頭の回転が早くとても分かりやすい説明でゲーム実況を行っているため、おそらく結構頭の良い大学に通っていたのではないかと予想します。

KUNの法政大学時代の活動

KUNさんについて、「法政大学出身ではないか」という噂が出回っているようです。

ですがこれはまったくのデマです。

 

というのも、「教育実習に行っていた」と話していましたが、法政大学に教育学部はないためです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました