男性筋トレYouTuberランキング15!愛用プロテインやサプリも解説

YouTuberまとめ記事

最近はフィットネスが人気になってきています。

心身ともに健康でいるためにも適度な運動や筋力が必要です。

理想の体型を手に入れることは自分の自信にも繋がり、自己肯定感や向上心のアップも期待できます。

 

筋トレを日常的にしている方もボディビルダーを目指している方も、今から筋トレを始めようと思う方にも必見!

 

今人気の、男性筋トレYouTuberをチャンネル登録者順にランキング形式で15名を紹介していきます!

 

それぞれの動画の特徴や、愛用しているプロテインやサプリを解説します。

15位:Alek Lifestyle・Fitness

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alek -アレック-さん(@alekjp)がシェアした投稿


まず紹介するのは身長173cm、体重75kg〜90kgのAlekさん。

日本のトレーニングに対する間違ったイメージを変えていきたいとYouTubeを始めました。

各部位の筋トレ方法に加え、細かい食生活(減量時・増量時共に)などを動画で紹介しています。

 

愛用しているサプリはマイプロテインの

  • クレアチン モノハイドレード
  • ベータ アラニン
  • プレワークアウト

オメガ-3の

  • フィッシュオイル

他にも

  • ビタミンD3
  • マルチビタミン&ミネラル  をサプリで摂取しています。

プロテインは今ほとんど飲んでいないそうで、食事で補うよう心がけているみたいです。

14位:Nature Fitness

 

この投稿をInstagramで見る

 

澳本伊吹さん(@naturefitness.okumotoibuki)がシェアした投稿


身長176cm、体重69kg〜84kgの伊吹さん。

ジムの経営をしており、筋トレハウツー・食事・サプリ紹介を中心に動画を投稿しています。

インスタグラムで視聴者からの質問を募集し、

返答を動画にして投稿することもあるのでファンにとって嬉しいですよね。

 

自信をサプリメントジャンキーと称するほどのサプリ好きの伊吹さん。

お勧めサプリはこちらです。

  • プレワークサプリ
  • ガラナエキス
  • 緑茶エキス
  • カルニチン
  • クリルオイル
  • フォスコリン等

発汗にはタラナエキス、高麗人参単体サプリを推しています。

 

プロテインやサプリは全てスポンサードされているBulksports社のものを使用しています。

YouTubeには減量期のフル食・フルサプリ動画もアップされています。

13位:Men’s ダイエット ボディーコーディネーターyoshi

 

この投稿をInstagramで見る

 

メンズダイエット。筋トレダイエットでボディメイクさん(@mens_diet)がシェアした投稿


身長168cm、体重67kg〜74kgのyoshiさん。

23年以上のトレーニング歴を誇ります。

ボディーコーディネーターとして600人以上のクライアントを肉体改造した経験の持ち主です。

筋トレ動画だけでなく解剖学やトレーニング中の角度・フォームについての細かい説明もされています。

 

プロテインは Bulk sportsの 「 BIG WHEY 」を使用。

少し質の良い物・人工甘味料のないものへ、

という方向に変えつつあるらしく現在は色々と試している最中だそうです。

12位:Sho Fitness

 

この投稿をInstagramで見る

 

今古賀 翔さん(@sho_fitness)がシェアした投稿


身長181cm、体重80kg〜90kgのshoさん。

クラウドファンディングを行い、福岡に「EVERLIFT」というジムを設立しています。

 

トレーニング法を理論に基づいてわかりやすく動画で紹介しており、

視聴者から「お金をとっても良いレベルだ」と評判です。

真似したくなるような料理動画や大食い動画も多く投稿しています。

 

プロテインはイギリスのマイプロテイン社からサポートを受けているので、

何から何までここの商品を愛用しています。

11位:【鍛道】KTMチャンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

【鍛道】KTMさん(@kitaedo_ktm)がシェアした投稿


身長170cm前半、体重91kg〜のKTMさん。

以前「細マッチョの【鍛道】配信所」というチャンネル名で活動していました。

元々は彼女に振られたことがきっかけで筋トレを始めたそうです。

同じようなきっかけの方も多いかもしれませんね。

 

KTMさんは1年間を通しての計画を立てて体づくりをされています。

体重増加→筋肉量効率よく増加→最後体重を絞ってバキバキにする方法だそうです。

このダンベルは使いにくい!などの紹介もしてるので参考にしやすいですよね。

 

プロテインはマイプロテイン社の提供で、色々な種類を使用しています。

10位:北島達也公式Youtubeチャンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tatsuya Kitajimaさん(@theworkout_7s)がシェアした投稿


身長169cm、体重80kg〜90kg。

視聴者が気になるようなプロテインとBCAAの違いや有酸素運動の原則などを動画で紹介しています。

筋肉と睡眠の関係など、トレーニング動画に加え知識も教えてくれています。

 

原宿に「VODEZA」パーソナルジムオープンし、北島さんから直接指導を受けることが可能です。

 

アルプロンデにて自身が監修するプロテインとサプリを販売しています。

リアルマッスルX」本人も愛飲しているそうで、” 神の組み合わせ ”だとご本人が賞賛しています。

9位:鈴木達也

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木 達也(TATSUYA SUZUKI)さん(@tatsuya_pridebody)がシェアした投稿


10年以上の月日と700万円を注ぎ込んだ知識と現場での経験を、

自宅で出来る筋トレ」として提供・アドバイスしています。

器具など使わず己の肉体のみでの筋トレしたい方におすすめです。

誰でもすぐに実践することができるので嬉しいですよね。

SNSをみると鈴木達也さんの筋トレ法を毎日実践している人が多く見受けられます。

 

プロテイン・サプリは、

  • トレーニング前 アサルトの「プレワークアウト
  • トレーニング中 Xtendの「BCAA
  • トレーニング後 Goldstandardの「100%ホエイプロテイン」 を使用しているそうです。

8位:くうしば


身長166cm、体重72kg〜90kgのくうしばさん。

関西弁で軽快なトークが特徴でグルメチャンネルかと思うほど、

美味しそうな料理の数々とその大食い動画を披露されています。

くうしばさんは食べることが大好きで、元々は好き放題食べるために筋トレを開始したそうです。

 

愛用プロテインはFINE LABのホエイプロテイン ピュアアイソレート ミックスフルーツ味で、

サプリはnow foodsの

  • ADAM(アダム)
  • Ultra Omega-3(ウルトラオメガ3)
  • Calcium & Magnesium(カルシウム&マグネシウム)

他にもたくさん紹介されていましたがこの4つあればくうしばさん的には良いそうです。

7位:コアラ小嵐

 

この投稿をInstagramで見る

 

コアラ小嵐(超新塾)さん(@kk601012)がシェアした投稿


身長178cm、体重73kg〜83kgのコアラ小嵐さん。

お笑い芸人グループ「超新塾」のメンバーの方です。

 

小嵐さんがオリジナル朝食ドリンクとして動画で紹介されていたプロテイン・サプリはこちら。

ビーレジェンドの「ホエイプロテイン
増量中は追加で「ブドウ糖」120-130kcal に「グルタミン

そしてこの3つに水を足します。夏場は氷を入れるのがお勧めだそうです。

グルタミンとマルチビタミンを飲みだしてほぼ風邪をひかなくなったとおっしゃっていました。

 

筋トレを始めたての人へメッセージを書かれているのを発見しました。

週4〜6でジムへ。BIG3と腕・型のセット重量を伸ばす。

肉とご飯たくさん食べて体重 × 2〜3gのタンパク質の摂取。

足りてない分ははプロテインで補う。

最初の1、2年の間はこれで充分とのことです。

6位:katochan33


身長168cm、体重65kg〜73kgの加藤さん。

長年ボディビルダーをされています。

 

YouTubeには筋トレ方法というよりはボディビルダーとしての大会へのアドバイスや、

減量方法・食事やポージングについての動画を多く投稿しています。

初心者にも分かりやすく親切な解説をされていて、コメントにも丁寧に返答してくれます。

 

所属ジム「OSSU!!」ではパーソナルを受けることができるそうです。

 

減量中はプロテインを飲まないそうですが、普段はファインラボの

  • ホエイプロテイン
  • ファイナルエナジー・ヴィターゴ
  • BCAA  を使用されています。

5位:I’M BODY Jin

 

この投稿をInstagramで見る

 

IFBB PRO JINさん(@jin.xeno)がシェアした投稿


身長179cm、体重86kg〜103kgのジンさん。

アメリカで修行を積み、現在はトレーニングウェアを中心としたアパレル事業を営んでいます。

元々はライザップの立ち上げメンバーで働いた後に独立したそうです。

 

愛用のプロテインはGOLD STANDARSの「HYDRO WHEY」で、

こちらは簡単にいうと通常のゴールドスタンドの高品質版のものだそうです。

味も品質も良く、今人気の商品です。

他にはオメガ-3の

  • フィッシュオイル
  • マルチビタミン&ミネラル
  • EAA&BCAA
  • クレアチン を摂取されています。

4位:Kanekin Fitness

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shun Kanekoさん(@kanekinfitness)がシェアした投稿


身長172cm、体重67kg〜75kgのカネキンさん。

元バンドマンでアメリカ人とのハーフの方で、

人気の動画はなんと248万回再生を誇る人気チャンネルです。

 

上級者向けの動画が多く、筋肉系の大会に興味がある人向けのチャンネルと言えます。

ボディービルダーを目指している方にはおすすめです。

 

愛用されているプロテイン・サプリはゴールドスタンダードの

  • WHEY (ホエイプロテイン)
  • KARBOLYN(カーボパウダー)

で、その他のサプリとして

  • クレアチン
  • シトルリン
  • EAA
  • マルチビタミン&ミネラル
  • プロテインチップス

などをメインに色々と使用されています。

3位:サイヤマングレート

 

この投稿をInstagramで見る

 

サイヤマングレートさん(@saiyaman_great)がシェアした投稿


身長163.5cm、体重65kg〜69kgのサイヤマングレートさん。

筋肉で日本を笑顔にするアイドルマッチョグループ「マッチョ29」に在籍しています。

またYouTube業界最大手のUUUMにも所属しています。

 

筋肉を使ったネタ動画や体に良さそうなもの悪そうなもの商品レビュー、

増量・減量のための食事などを主に投稿しています。

また、企業案件などで様々なプロテインを動画内で紹介しています。

 

プロテインはマッチョ29が業務提携を結んでいるので、全てビーレジェンドのものを使用されているそうです。

2位:メトロンブログ

 

この投稿をInstagramで見る

 

メトロンブログさん(@metron_city)がシェアした投稿


身長184cm、体重85kgのよっしーさん。

EDM系の音楽とお洒落でかっこいい演出で動画を作られていて、自宅でできる筋トレ動画がメインです。

ブレイクダンサーをされていて、現在もアメリカを中心に世界中の旅をしているそうです。

 

トレーニング法だけを投稿しているだけでなく、周りに” 魅せる ”カッコいいやり方講座の動画も。

モテたい男性にとっては嬉しい内容ですよね。

 

愛用しているサプリ・プロテインは

  • BPI Sports     「BCAA
  • C4         「 PRE-WORKOUT
  • GOLD STANDARD 「WHEYプロテイン
  • QUEST       「プロテインバー
  • GAT        「クレアチン」  です。

1位:ぷろたん

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぷろたんさん(@purotan1214)がシェアした投稿


堂々の1位は、身長164cm、体重61kg〜72kgのぷろたん。

可愛い顔とマッスルボディでお馴染みですよね。

知っている方も多いのではないでしょうか。

 

大食い動画がメインですがサイヤマングレートさんや、

JINさんなど他の有名筋トレYouTuberとのコラボ動画を多々投稿されています。

 

愛用しているサプリ・プロテインは

  • ゴールドジム 「WHEYプロテイン
  • ビーレジェンド「WHEYプロテイン

その他

  • マルチビタミン&ミネラル
  • グルタミン
  • BCAA
  • グルコサミン&コンドロイチン
  • ココナッツオイル」 などのサプリを使用しています。

筋トレYouTuberは身長が低いってホント?

ボディビルダーや筋トレが好きな方ってなんとなく身長が低いイメージがありますよね。

15名の筋トレYouTuberを紹介してきましたが、振り返って検証してみました。

 

海外とのハーフの方もいらっしゃるのでなんとも言えませんが、15名の身長の平均は172.2cmでした。

180cm以上の方もいたので総体的にみるとやはり小さめの方が多いのかもしれません。

160cm台の方が6名いらっしゃいました。

 

高身長に比べ、身長が低い方が身体の変化が出やすいそうなので、

モチベーションといった点からも低めの方が多いのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました