おこさまぷれ〜と。のメンバーをファンが解説!本名・年齢は?結成のきっかけはのぴ!

企画系YouTuber

お待たせいたしましたー」の挨拶でおなじみの、5人組のYouTuber。

毎日投稿の現役アイドル、おこさまぷれ〜と 。

最近では、芸能人もYouTubeチャンネルを開設する方が増えてきています。

おこさまぷれ〜と。はアイドルではありますが、無所属のYouTuberアイドルとなります。

2017年の12月21からYouTubeに初めて動画を投稿しています。

今回は、おこさまぷれ〜と。のグループについてと、メンバー紹介をしていきたいと思います。

おこさまぷれ〜と。の人気の理由・登録者数は?

おこさまぷれ〜とのチャンネル登録者数は、30.8万人になります。(2020年4月現在。)

現役アイドルですが、YouTubeを活動拠点としてやっています。

YouTuberとして頑張っているところも人気の理由のひとつです。

 

動画内容は以下の通り。

  • ドッキリしてみた。
  • 24時間生活。
  • 踊ってみた。
  • MV。
  • あるあるネタ。
  • 流行りのパーティーゲームやってみた。
  • アスレチック。

 

企画系YouTuberがやる系動画を全てやっています。

アイドルなので、MVも投稿していますが、MVは8本のみ。

特に人気の動画内容は、「ドッキリしてみた。」です。

アイドルなのですが、可愛らしいドッキリではなく、かなり体を張った動画になっています。

もちろん体力的にも張っていますし、お風呂動画では露出ギリギリのラインでやっているところが、魅力的です。

 

下ネタもガンガン喋りますし、アイドルにしては珍しいですよね。

アイドルにも関わらず、素のリアクションがみれるところが、人気の理由だと思います。

2つ目はアイドルグループだけあって、5人とも可愛いのですが、個性が強いところです。

個性が強い事で、動画を作るにあたって役割分担ができている感じがします。

5人それぞれ可愛いのタイプが違うので、推しメンも選びやすいかも。

おこさまぷれ〜と。の名前の由来・意味は?

おこさまぷれ〜と 。の名前の由来です。

残念ながら、動画でもその由来は語られていません。

おこさまぷれ〜との意味・由来について考察してみました。

 

おこさまは「子供」という意味ですね。

「ぷれ〜と。」の方が、地球の表面を覆っている岩盤の事と捉えます。

2つを合わせると、「子供を覆う」という意味で、「子供には見せられない」という意味かなと考えました。

 

動画でも、セクシーなシーンや、下ネタも多いのでグループ名に合わせているのかなと思います。

もう1つ結成当初は、のぴとりあらは高校生。

ゆいにゃ、しゅがーもまだ未成年でした。

5人のうち4人が未成年だったため、子供という意味を強く出したく、おこさまぷれ〜と。 にしたのではないかと考えました。

 

これからの活躍次第では、テレビ出演にした時や、100万人を突破した時に語られるかもしれませんね。

おこさまぷれ〜と。が結成されたきっかけはのぴ

おこさまぷれ〜と。は、5人で最初から活動しています。

しかし、最初から5人が知り合いではなかったそうです。

ゆいにゃとちぇきは友達で、「何かやりたい」という事を考えていました。

そこで、ゆいにゃがのぴと知り合いで、のぴはYouTuberに憧れがあったそうです。

のぴを通じて、しゅがーとリアラが集まりました。

5人の目標がアイドルになる事で、共通していたので、この時に5人での活動がスタートします。

しかし、アイドルはたくさんいるから、有名になるには特別な事をしなきゃいけないと思い、YouTubeを始めます。

5人ともYouTubeも好きだったので、スムーズに話は進んだようです。

アイドルとしてもYouTuberとしても有名になりたいという事で、アイドルYouTuberおこさまぷれ〜と。が誕生します。

YouTuberとしての知名度が高いですが、アイドルとしての活動も積極的にしています。

デビュー曲は、クラウドファンディングを使って、ファンに支えてもらいながら作成しています。

ゆいにゃ

  • 生年月日:1999年9月6日
  • 身長:148cm
  • 出身地:千葉県
  • メンバーカラー:赤
  • おこさまぷれ〜と。のリーダーになります。


ドッキリ企画では、ボーイッシュな格好が似合うため、男性の役を演じる事が多いです。

動画では、MCを務める事が多く、自分の事を「ゆ」と呼んでいます。

他のメンバーと比べると、アイドルとしての意識が高いように感じられます。

音ゲーが好きで、電車に乗った時はすぐにスマホゲームをするそうです。

ゆいにゃは、アイドル以外にもフードコーディネーターになりたかったようです。

 

25歳までには結婚したいらしく、子供は男の子を望んでいました。

意外にも、大学卒で安定した仕事に就いている人が理想だそうです。

しゅがー

  • 生年月日:1999年5月14日
  • 身長:155cm
  • 出身地:大阪府
  • メンバーカラー:青

個人でもTikTokを投稿するなどして、しゅが教と呼ばれる人もいるくらい、人気のしゅがー。

見た目はギャルっぽく、さばさばしている印象を受けます。

好みの男性は、美少年のような人が好みで、芸能人でいうと山崎賢人が好きだそうです。

しかし、「美少年すぎると、付き合いたいと思わない。」と、言っていました。

意外にも奥手であり、恋愛すると何もできなくなってしまうそうです。

 

女の子らしい一面もあり、ディズニーランドとディズニーシーが好きで、どちらに行っても、必ず見るもの、乗るもの、食べる物が決まっているとのこと・

 

好きな食べ物は、肉ともやし。

好きな飲み物は、コーラとレモンティー。

嫌いな食べ物は、アボカドのねちょっとしたところが苦手なようです。

 

今後の目標は、チャンネル登録者が増えて、しゅが教を増やす事だそうです。

ゆくゆくは、個人で活動したいのかなーという印象を受けました。

ちゃき

  • 生年月日:1996年10月18日
  • 身長:153cm
  • 出身地:大阪
  • メンバーカラー:白色

おこさまぷれ〜と。メンバー最年長になります。

最年長ながら、遅刻が多いことや、動画内でやらかす事が多いちぇき。

おこさまぷれ〜と。に入るまでは、1人で夢を追いかけていたそうですが、上手く行かなくて途方にくれていたそうです。

ゆいにゃと出会ってから、新たな目標を掲げ頑張る事ができたそうです。

 

メンバーカラーは白色になりますが、チェキは黒が好きだったので、黒を希望したそうです。

しかし他のメンバーから、黒は暗いからダメという事になったらしく白になりました。

ちぇきはおこさまぷれ〜と の中では、下ネタが1番多いと思われます。

ドッキリに掛けられる時も、モザイクがかかる事が多いです。

なぜか、自分が仕掛ける側になる時も、わざわざ自分から服を脱ぐ事があります。

ファンの中では、「セクシー担当」とも呼ばれています。

際どいシーンもあるので、編集するのぴからすれば、大変でしょうね。

チェキが体を張った動画は、かなり再生されています。

おこさまぷれ〜と。には、なくてはならない存在だと思います。

のぴ

  • 生年月日:2000年1月10日
  • 身長:154cm
  • 出身地:埼玉県
  • メンバーカラー:緑

おこさまぷれ〜と。の中では、最年少になるのぴ。

動画でみているとムードメーカー役でツッコミが多いので、最年少である事は意外でした。

おこさまぷれ〜との動画編集を、しているのはのぴになります。

のぴはYouTubeを始めたい事もあり、動画編集などもやってみたかったのでしょう。

動画では、オカマやゲイの人を集めて、YouTubeをやってみたいと語っていました。

今、自分のやりたい事ができているから、「いつ死んでもいいくらい幸せです」と答えていました。

貯金額は120万円程あるそうで、毎月先取り貯金をして、その中でやりくりしているそうです。

20歳にしてしっかりしていますね。

あまり物欲とかもないので、お金は貯まる一方だそうです。

メンバーの中では、かなりしっかりしている印象を受けました。

りあら

  • 生年月日:1998年9月28日
  • 身長:153cm
  • 出身地:大阪府
  • メンバーカラー:ピンク

りあらは高校生の時から、おこさまぷれ〜と 。で活動していました。

高校時代は、部活にも所属していなかったので、おこさまぷれ〜と 。が部活の代わりのようになっていたみたいです。

りあらは、整形が疑われるほど、整った顔立ちをしています。

実際に整形はしていないです。

自分の恋愛テクニックにおいて、「見つめ合えば落とせる」という事だったので、自分の顔には自信をもっているように感じました。

りあらは、あまり酒癖がよくないようです。

酔っ払ってしまうと、人の腕を噛んだり、人の悪口を叫んだり、最後には床で寝てしまうとか。

りあらに、あまりお酒は進めない方がいいみたいですね。

好きな芸能人は、新田真剣佑で本人も面食いだと言っていました。

しつこい男性は嫌いで、ストレートに告白する人がいいそうなので、男らしい男性が好きなようです。

 

かなり個性的な5人の、アイドルグループになります。

毎日更新され、たくさんの動画を上げていますので、ぜひみて見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました