世界のYoutuber年収ランキング10選!超弩級に稼ぎまくり!

YouTuberまとめ記事

2018年に学研が調査した、小学生のなりたい職業ランキングで男女総合3位にランクインしている「Youtuber」。

ヒカキンやはじめしゃちょー、キッズラインなど日本にも有名で子どもにも大人気なYoutuberはたくさんいますよね。

親世代から考えると、びっくりするような職業であるYoutuberですが、テレビよりも近い存在になっているYoutuberに憧れるのは自然なことなのかもしれませんね。

最近では動画の種類も多様化していて、子供向けのものから美容・スポーツ・お笑い・料理・ゲーム実況など大人も楽しめる動画もたくさんあります。

そんなYoutube、今回は世界で稼いでいるYoutuberをまとめていきたいと思います!

10位 リリー・シン 11億7000万円

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lilly Singh(@lilly)がシェアした投稿


2010年に配信を開始してから、動画の総再生回数はなんと30億回以上という人気っぷりのリリー・シン。

トップYoutuberとしてはめずらしく女性のYoutuberで、自分のことを「スーパーウーマン」と呼んでいるそうですよ!

たしかに、11億も稼いでいたらスーパーウーマンで間違いないですよね。

インド系カナダ人であるリリー・シンが人気なのは、お笑い系の動画がおもしろいからなんですね。

人間観察をそのままネタにしたような動画が有名で、「大人がしゃべる女子高生風トーク」「あなたを困らせる親の行動5つ」など、誰でもあるある!と思えるネタなところが受けているのかもしれません。

チャンネル登録数は1430万人と、多いですね。

最近では、Youtuberとしてだけではなく、司会業や女優としても活躍しているそうですよ!

9位 スモッシュ 12億2500万円

 

この投稿をInstagramで見る

 

Smosh(@smosh)がシェアした投稿


2005年にチャンネルを立ち上げ、海外版ポケットモンスターのパロディ動画をきっかけに爆発的人気となったスモッシュ。

元々はアンソニー・パディヤとイアン・ヒコックスの2人組で活動していて、チャンネル登録数は2340万人、動画総再生は7億回以上という人気っぷりなんですね。

スモッシュは日本好きとしても知られていて、ポケモンを始め色々なアニメやカルチャーについて動画で取り上げています。

2011年に東日本大震災が起こった際には、動画で日本への寄付を呼び掛けるなど貢献してくれていました!

ブラックジョークや下ネタの動画が中心であることや、障がい者をネタにした動画で炎上したこともあるそうで、賛否両論ありつつも人気があるようですね。

2017年にアンソニー・パディヤがスモッシュが脱退してしまい、現在はイアン一人で活動しています。

8位 ライアン 12億2500万円

小学生という幼さで世界中の子どもやママから絶大な人気を誇るライアン。

おもちゃで遊ぶ動画を配信するという内容ながら、総再生回数は280億回を超えているんですね!

2015年に、ディズニーピクサー映画「カーズ」に登場するおもちゃが入った箱を開封する動画がきっかけとなり、大人気Youtuberとなったそうです。

この動画だけで8億回も再生されているというから驚きですね。

両親がカメラの回っていないところでの指導が非常に熱心だそうで、ライアンは一生懸命に両親の言うレビューを覚えてコメントしているそうですよ。

まだ10歳にもなっていない子どもが、毎日のように動画を撮るもの大変でしょうね。

でも、子どもにレビューをさせようと思った両親、すごいです!

7位 ジェイク・ポール 12億8000万円

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jake Paul(@jakepaul)がシェアした投稿


11歳のときにコメディ動画を投稿したことからYoutuberとして活動することになったジェイク・ポール。

兄のローガン・ポールもYoutuberとして活躍しています。

登録者数1940万人、動画総再生回数は60億回というものすごい数字を持っているんですね!

元々は、動画再生アプリであるVineでの子どもたちから人気を集めていたというジェイク・ポール。

その活躍がすばらしいということで、なんとディズニーチャンネルで放送されている「Bizaardvark」にDrinkMann役で出演することになるんです。

あの、ディズニーにも認められたYoutuberなんですね。すごい!

ところが、投稿される動画が火をつけたマットをプールに投げ込むといったものや、ばくおんでモーターサイクルに乗って近所をめぐる、など過激なものになっていったこともあり、現在は一気にお騒がせYoutuberとなってしまったようです。

6位 ピューディーパイ 13億7000万円

 

この投稿をInstagramで見る

 

PewDiePie(@pewdiepie)がシェアした投稿


スウェーデン人であるフェリックス・シェルバーグは、主にゲーム実況を中心に動画を配信しているYoutuberです。

チャンネル登録者数は、世界中で最も多い9300万人!ものすごい数の人から登録されているんですね。

おもしろいコメントをしながらゲームをしていく、というシンプルな内容ながら、ゲーマーの心を鷲づかみにしているみたいです。ゲームの解説なんかにも定評があるそうですよ!

一時期、配信された動画の中にナチスや反ユダヤの内容が含まれていたとして、Youtube側から配信を停止させられてしまったというトラブルもあったんですね。

問題の動画は削除されるとともに、動画に広告がつけられないものもあったのだとか。

現在は、自身の著書である『This Book Loves You』の売り上げが好調で、約12万部も売り上げているそうです。

5位 マーク・フィッシュバック 13億9300万円

「サバイバルホラー」というジャンルのゲーム実況を動画で配信しているマーク・フィッシュバック。

チャンネル登録者数は1500万人、動画総再生回数はなんと100億回を超えているのだとか!

海外ではとっても有名なゲーム実況者で、知らないひとはいないのではというくらい人気があるそうです。

ホラーゲームというちょっと奇妙なジャンルの実況ですが、オーバーリアクションと顔芸で笑いながら見れる動画となっているんですね。

最近では日本でも翻訳された動画が配信されていて、じわじわ人気が出ているみたいです。

ゲーム実況はもちろんですが、マーク・フィッシュバックの生活を公開する動画も人気で「新しい家のツアー」は日本でも人気が高いそうですよ。

4位 ローガン・ポール 13億9300万円

 

この投稿をInstagramで見る

 

Logan Paul(@loganpaul)がシェアした投稿


富士の樹海で、自殺者の遺体を撮影し世界中でニュースとなったローガン・ポール。

日本でも大きなニュースとして取り上げられたこともあり、知っている人も多いのではないでしょうか。

元々はビデオブログやコメディ動画を中心に配信をして人気になったのですが、過激な方向に行き過ぎてしまったようです。

実は、先ほど紹介したジェイク・ポールの実の兄なんですね。

ジェイク・ポールも過激な動画をあげて炎上してしまいましたが、兄弟そろって過激な動画をあげてしまったということなのでしょうか。

とはいえ、チャンネル登録者数は1900万人、総再生回数は43億回という数字をもっているんですね。

登録している人は、単純にファンなのか、怖いのも見たさなのかわかりませんが世界中にアンチがいるというお騒がせYoutuberであることは間違いなさそうです。

3位 デュード・パーフェクト 15億6000万

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dude Perfect(@dudeperfect)がシェアした投稿


5人組のグループYoutuberであるデュード・パーフェクト。

コビー・コットンとコーリー・コットンの双子と、タイラー・トニー、ギャレット・ヒルバード、コーディー・ジョーンズというメンバーで活動しており、テキサスA&M大学のバスケットボール選手だったメンバーを集めたグループなんですね!

総再生回数は80億回を突破し、チャンネル登録者数も4400万人を超えるという人気っぷり。

スポーツを中心とした動画が人気で、最初は家の庭でサンドイッチをかけてバスケットボールのシュート対決をする、という超ゆるーいものでした。

ある日、トニーの家族が持っている牧場で撮った動画が1週間で20万回も再生されたことがきっかけで、人気が爆発。どこで人気がでるかわかりませんね。

現在は自分たち専用の体育館を建てて、動画の作成をしているそうです。

2位 エヴァン・ファン 17億2700万円

http://www.mtvjapan.com/news/270hph/180928-01

カナダ出身で、ゲーム実況を配信しているエヴァン・ファン。

自分自身が実況するのではなく、自分の作ったアニメのキャラクターが実況するという個性的な動画で人気を集めています。

チャンネル登録者数は2400万人、動画総再生回数は100億回を超えている超人気ゲーム実況者なんですね!

アニメにキャラクターに実況させるのは、自分が話して実況するよりも労力も時間もかかりますよね。

他のゲーム実況者との差別化をするためにこうしたキャラクターを使うことで落ち着いたようですが、動画作成にはとても時間がかかるだろうなと予想できます。

現在は大好きなゲームの開発や楽曲作成などにも力を入れているそうで、なんとヒップホップ

アーティストとしても活動を始めたそうです。多才なんですね。

1位 ダニエル・ミドルトン 18億3000万円

 

この投稿をInstagramで見る

 

DanTDM(@dantdm)がシェアした投稿

現在、世界で一番稼いでいるYoutuberはダニエル・ミドルトンです。

ダニエル・ミドルトンもゲーム実況の動画を配信しているんですね。

チャンネル登録者数は2000万人超え、総再生回数は140億回を超えているそうです。

「マインクラフト」というゲームの実況をして一躍有名Youtuberになったんですね。

大学時代には大手スーパーマーケットで商品陳列のアルバイトをしていたのですが、卒業後にはアルバイトでの稼ぎよりもYoutuberとしての稼ぎが多くなったこともあり、プロゲーマーとして動画配信していくことを決めたそうなんです。

両親を説得するのにも時間がかかったそうですが、後に世界で一番稼ぐYoutuberになるなんて思いもよらなかったでしょうね。

現在は、動画の配信だけでなくファンに向けてTシャツや帽子などのグッズを発売したり、ライブツアーを行ったりしているそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました