高齢(シニア)ユーチューバー10選まとめ

YouTuberまとめ記事

御長寿大国の日本。

人気のYouTubeも若者だけではなく、今は中高年、そしてシニアで、話題のYouTuberが大活躍しています。

そこで、高齢(シニア)ユーチューバー10選まとめ、有名人含め調べてみました。

nariwaCh 74歳成羽のチャンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

成羽さん(@nariwa0923)がシェアした投稿

2015年04月16日、69歳で動画初投稿、YouTubeチャンネルを開設した成羽(なりわ)。

2019年10月現在、成羽のチャンネル登録者数は8310人。

ゲーム実況も行ってる、70代にして人気YouTuberになった成羽は、雑誌、新聞、地上波テレビなど、大手マスメディアでも、取材が殺到しました。

成羽は、登録者数が1万人を超えたら、オフ会を開催したいと、YouTubeのチャンネル概要で宣言してます。

元気なシニアです。

Yoshiko Nakada

2019年10月現在、チャンネル登録者数7410人のYouTubeチャンネル、Yoshiko Nakada。

運営してるのは、1931年、台北生まれの中田芳子。

中田芳子は、YouTuberになる以前に、趣味だった回文作りが高じ、2008年、太田出版より「日本全国ご当地回文」を出版。

更に、2012年、少女時代に特攻隊員と交流した思い出をつづった「十四歳の夏――特攻隊員の最期の日々を見つめた私」を、フィールドワイより出版。

自宅で、音楽教室の先生をやられてる中田芳子が、自ら考案した、ピアノに併せて奇妙な歌を歌い録音。

それを逆再生すると、見事なメロディーが浮かび上がるという特技の、「逆さ歌」をYouTubeで動画発信し、人気を集めてます。

80歳YouTuber不二子の日常

不二子は、2017年3月に「80歳でパチンコライターを目指します」と、Youtubeで動画投稿を開始したYouTuber。

2019年10月現在、チャンネル登録者数は4.26万人。

パチンコだけではなく、サブチャンネルでは、お花見や散歩など、微笑ましい動画をあげ、こちらも人気になってるようです。

2017年06月21日投稿の「『サーティーワンのアイス食べました』80歳YouTuber不二子の日常 #06」は、再生回数75万8千超の大ヒット!!

シニアとしてのくくりだけでなく、不二子は人気YouTuberと言えます。

junjunチャンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

上野潤子 Junko Uenoさん(@junko__ueno)がシェアした投稿


1950年生まれの上野潤子運営する、YouTubeチャンネルが「junjunチャンネル」。

上野潤子は美容著書出版経験、地上波テレビ出演経験もある、第8回ミセス日本グランプリ60代の部、グランプリ受賞者。

確かに69歳には見えません。

「奇跡の69歳のjunjunからマイナス15歳になるヒミツ」

とチャンネルで謳ってるだけあり、YouTube動画は皺、シミ隠し含む美容中心。

上野潤子は、エステサロンを経営してる実業家でもあるので、YouTubeは趣味と実益を兼ねた場となっているようです。

Gamer Grandma

2019年10月現在、チャンネル登録者数4.26万人の人気YouTuber、Gamer Grandma。

ゲーマーグランマこと森浜子は、東京は浅草出身、1930年生まれの89歳。

2020年には90歳になる、ゲーマーグランマは、おそらく日本最年長のゲーマーだと思われます。

ゲーム歴は38年だそうですから、ゲーム歴10年、20年の若者、青年では、足元にも及ばないゲーマー歴です。

ゲームは得意にしても、YouTubeに動画をアップするのは初心者。

90歳近くになっても、新しいことに挑戦する、その気持ちが、いつまでもお若い要因だと、感じさせられます。

Dangerous爺ちゃんねる

2019年10月現在、YouTubeのチャンネル登録者数4.26万人の「Dangerous爺ちゃんねる」。

運営するYouTuber、デンジャラス爺ちゃんは1937年生まれ。

80歳を過ぎた爺様が、主に自分の趣味や時事問題に対し、物申してるだけの動画が、何故?これほど人気があるのか?

やはり長い人生観からくる、人となりと語り口調が、好評の要因と思われます。

2019年7月14日投稿の「【昭和時代のありえない就職面接】偏見の時代」は、再生回数77万5千超の、大ヒットになってます。

世田谷一郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

よしさん(@yoshi.y0826)がシェアした投稿

世田谷一郎名義ですが、1955年生まれ、有名なタレントの所ジョージのYouTubeチャンネルです。

有名芸能人のわりに、チャンネル登録者数が2019年10月現在、14.3万人と少なめです。

これは所ジョージが積極的に、YouTuberの自分を、メディアで宣伝をしてないからと思われます。

所謂「世田谷ベース」、所ジョージの自宅で、自分の車やバイク、そして作ったこだわりのプラモデルなどを解説。

歌手、所ジョージファンは必見「最近の歌」も披露してます。

所ジョージらしい、とてもマイペースで、ほのぼのしてるチャンネルです。

 田代まさし ブラックマーシー半生と反省を語る

 

この投稿をInstagramで見る

 

George@trikeさん(@george_trike)がシェアした投稿

「田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る」は、2019年10月現在、登録者数5万人のYouTubeチャンネル、。

開設したYouTuberは、1956年の元シャネルズ、ラッツ&スターの田代まさし。

1951年生まれの、クールス のドラマーでありリーダーである、佐藤秀光と、丁々発止で若き頃を振り返ったり、お互いの現在を語りあってるチャンネル。

芸能界の裏話し的なものに、やはり人は興味があるようで、そのへんも人気を集めてる理由なようです。

2019年9月28日投稿の「ブラック ・マーシー 怖い話 桑マン」の再生回数は、僅か半月で436,000のヒットの作です。

これからも更に、再生回数は伸びそうです。

高木 豊 Takagi Yutaka

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yutaka Takagiさん(@takagi.1022)がシェアした投稿

2018年還暦を迎えた、1958年生まれの高木豊。

元プロ野球選手のYouTubeチャンネルは、他にもありますが、還暦超え、シニアYouTuberは、2019年10月現在、高木豊だけです。

メインの「高木 豊 Takagi Yutaka」は、チャンネル登録者数13.2万人。

サブチャンネルの「高木豊のセカンドチャンネル」は、 1.54万人。

高木豊は、高校時代は甲子園経験はありませんが、中央大学時代は、2年連続で日米大学野球の代表にも選出。

ドラフト3位で、横浜大洋ホエールズに入団。

以降、高木豊はプロ野球選手生活14年。

現役時代引退後のコーチ生活、解説者生活でも培った人望なのでしょうか?

元プロ野球選手、現役のプロ野球選手が出演し、高木豊のインタビューにこたえてくれる、プロ野球ファンにはたまらないチャンネルです。

デヴィ夫人- Lady. Dewi Channel

 

この投稿をInstagramで見る

 

デヴィ夫人 (dewisukarno)さん(@dewisukarnoofficial)がシェアした投稿

1940年生まれ、インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人、タレント、実業家のデヴィ・スカルノ、通称デヴィ夫人。

デヴィ夫人も人気YouTuberです。

YouTubeチャンネル「デヴィ夫人- Lady. Dewi Channel」は、2019年10月現在、チャンネル登録者数8.95万人。

テレビでお馴染みのデヴィ夫人にしては、ちょっと少ない数字に感じますが、YouTuberデビューから、未だ僅かに3ヶ月。

更に2019年7月10日投稿の、「デヴィ夫人がYouTuberデビュー!- Dewi Fujin starts YouTube!」は、既に再生回数37万超!

2020年には80歳になる、デヴィ夫人のYouTubeチャンネルは、これからチャンネル登録者数、そして各々の動画再生回数、激増しそうな予感です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました