VTuberの引退&理由10選まとめ

未分類

2016年にキズナアイというVTuberが登場したことをきっかけに2017年頃から急速に数を増やしたVTuberは数多くあるYouTuberのジャンルの中でもかなりの人気を博しています。

数多くのVTuberがこれまで登場してきましたが、中には引退してしまうVTuberも…。

 

そこで今回は、これまで引退したVTuberを注目。

一体なぜ引退したのか、引退の理由について紹介していきたいと思います。

VTuberの引退①牡丹きぃ(ぼたんきぃ)

牡丹きぃは株式会社cotoitに所属していたVTuberです。

牡丹きぃは金髪にツインテールというVTuberらしいビジュアルをしています。

愛らしいビジュアルに加え中の人(前世)の性格の良さが評価されデビューしてすぐに人気VTuberとなりました。

 

しかし牡丹きぃはVTuberを引退してしまいます。

2019年1月3日「きぃは、1日15時間は活動してきました」と投稿し働いている時間に給料が伴っていないということを告白したのです。

続けて「CDデビューにかけるお金があれば、きぃがご飯を食べるお金をもらいたかった」と発言。

過酷な労働条件の中でVTuberとして活動していたことをTwitter上で語りました。

 

牡丹きぃのYouTube、Twitterは運営側が管理しているためかすぐに削除されてしまいます。

そしてTwitterは牡丹きぃ運営植木信詞が運営するように変わっていったのです。

(現在牡丹きぃ、牡丹きぃ運営植木信詞共にTwitterアカウントはありません)

 

そんな中、事態は急展開を迎えます!

鳴神裁が牡丹きぃが捏造しているということをYouTube上で暴露したのです!!

鳴神裁の動画によると、牡丹きぃはオフパコしたことで妊娠。

運営は牡丹きぃを引退させようとしていたが、牡丹きぃが引退したくないということで今回紹介したような捏造をしたと言うのです。

鳴神裁は証拠画像を出すなどしていたので、信憑性がありました。

 

よって、牡丹きぃが捏造しているのではないかという噂が一気に広がることに!

 

牡丹きぃと運営は話し合いを行い、騒動の3ヵ月後となる4月に牡丹きぃはVTuberとして復帰。

運営は牡丹きぃから「謝罪文を出せと言われたので」とTwitterに謝罪文を公開しました。

 

牡丹きぃがVTuberとして復帰したことを受け、鳴神裁は黙っていませんでした。

薄給でブラックだと牡丹きぃは話していましたが、運営はしっかり固定給を支払い体調が悪ければ休ませたりとVTuberの中の人(前世)のことをよく考えてくれていると鳴神裁は発言。

 

復帰したものの牡丹きぃは再度引退し、再び復帰することはありませんでした。

やはり鳴神裁が話していた通り、捏造だったのでしょうか。

VTuberの引退②流石乃ルキ・流石乃ロキ(さすがるき・さすがろき)

流石乃ルキ・流石乃ロキはVTuberとしては珍しい双子のアイドルYouTuberでした。

猫耳を付けた萌要素の高いキャラクターで抜群の人気を誇っていました。

流石乃ルキ・流石乃ロキが人気だった理由はその可愛さはもちろん、彼女たちのプロローグが用意されるなどしっかりと設定が作り込まれていたからでしょう。

 

このままVTuberとしてトップを走り続けるのではないかと思われていましたが、残念ながら2019年9月に2人揃って引退しました。

自身のTwitterにファンへの感謝の言葉を投稿しています。

流石乃ルキ・流石乃ロキが引退した理由は「異世界での仕事に専念するため」と公表しています。

2人の言う異世界とは流石乃ルキ・流石乃ロキの中の人(前世)が暮らす現代社会のことを表しているのでしょう。

 

引退して数ヶ月が経過しましたが現在もYouTubeチャンネル、投稿された動画も残っており、現在のチャンネル登録者数は11万人を超えています。

今もなお2人がVTuberとして活動を再開させるのを望む声も少なくないと言います。

VTuberの引退③久遠千歳(くどうちとせ)

久遠千歳はいちから株式会社のにじさんじに所属していたVTuberです。

魔女に魔法をかけられ不老不死となり、かけられた魔法を解く手がかりを見つけるためにYouTubeで配信をはじめたという設定で2019年1月8日にチャンネルを開設しデビューします。

白い髪に吸い込まれそうな黄色の目が印象的でしたよね!

 

久遠千歳がVTuberを引退したのは、デビューから8ヵ月が経過した2019年8月31日でした。

2019年8月28日にTwitterより突然引退を発表しました。

「引退します」というこちらのツイートには4万件近くのリツイート、それだけでなく数多くのコメントが寄せられています。

活動期間は短かったですが、多くの人に愛されるVTuberだったことが分かります。

 

そして最後に「ニルギル」という楽曲を配信しVTuberを引退しました。

最後の配信となったこちらのYouTube動画にも数多くのコメントが投稿されています。

 

久遠千歳は歌動画の他にゲーム実況系動画も配信していましたが、引退後は歌の動画以外はすべて削除しています。

引退して半年以上経つにも関わらず、チャンネル登録者数が14万人を超えているのはすごい!

 

久遠千歳がVTuberを引退した理由についてですが、「魔女にかけられた不老不死の魔法が解け、普通の女の子として生きていく」ということを発言していました。

しかしこれは、VTuber・久遠千歳の設定上の引退の理由です。

 

実際の引退は久遠千歳の中の人(前世)の都合によるものでしょう。

正確な引退理由は明らかになっていませんが、久遠千歳はデビューした当初から歌の上手さが評価されており、VTuber以外の仕事が忙しくなったからではないかと言われています。

 

ちなみに久遠千歳の中の人(前世)は歌い手として活動していた白瀬玲ではないかという声がネットには上がっています。

白瀬玲は現在、歌い手ユニット・DUSTCELLのメンバーとして活躍中。

もしかすると久遠千歳の中の人(前世)がVTuberとしてではなく、歌い手として活動したいという気持ちが強くなったことで活動を引退することになったのではないでしょうか。

VTuberの引退④稲荷くろむ(いなりくろむ)

稲荷くろむはにじさんじに所属するVTuberで2018年6月に活動をスタートしたアイドルグループ・有閑喫茶あにまーれの結成に伴いVTuberとしてデビューしました。

黒髪に赤メッシュ、衣装などで和の雰囲気を感じることができるVTuberでした。

 

人気グループのメンバーの一員だった稲荷くろむですが、グループに加入してたった半年で有閑喫茶あにまーれを脱退。

またそれだけでなく、VTuberそのものを引退したのです。


デビューして半年という短い期間ではありましたが、引退を発表したツイートには数多くのリツイートとコメントがあり、稲荷くろむが人気VTuberであったことが分かります。

引退配信は有閑喫茶あにまーれのメンバーと共に行われました。

残念ながら引退配信は非公開(削除された?)となっています。

 

稲荷くろむのYouTubeチャンネルは残っていますが、動画は全て削除されています。

 

一体なぜ活動をスタートして半年で稲荷くろむは引退したのでしょうか。

引退した正確な理由については明らかになっていません。

ですが一部では稲荷くろむがVTuberを引退したのは「稲荷くろむがの中の人(前世)が親バレしたからではないか」という噂が流れているみたいです。

VTuberの中にはこのように近しい人にバレたため引退というケースも少なくありません。

VTuberの引退⑤宇森ひなこ(うもりひなこ)

宇森ひなこも2018年6月に活動をスタートした有閑喫茶あにまーれの結成に伴いにじさんじからデビューしたVTuberです。

ピンク色の髪に女の子らしいほんわかした雰囲気であるにも関わらず、ドストレートな下ネタを発するなどなかなかの問題児でした(笑)

 

有閑喫茶あにまーれはメンバーの脱退もありましたが人気は急上昇!

CDをリリースするなど勢力的な活動も見せ、3次元のアイドル人気に迫る勢いでした。

 

ですが、宇森ひなこは2019年10月9日に自身のTwitterにて引退を発表しました。

引退を発表したツイートには1万件以上ものリツイート、そしてコメントが投稿されています。

 

引退の理由は宇森ひなこの中の人(前世)の体調問題が原因だったみたいですね。

実は、今までも体調不良の中動画配信を行っていたそうで…。

現在宇森ひなこのYouTubeチャンネルは残っていますが、動画は全て削除されています。

 

気になる宇森ひなこの中の人(前世)は、主にツイキャスで活動しているめりーさんです。

実は宇森ひなこは中の人(前世)がめりーさんであることを認めていました。

 


気になる宇森ひなこの中の人(前世)ですが、ツイキャスで活動を行うめりーさんであることが明らかになっています。

実は宇森ひなこは、中の人(前世)がめりーさんであることを隠すことはしませんでした。

 

宇森ひなこがTwitterで引退を発表した2019年10月9日にめりーさんが「皆のこと大好きです。」とツイートし、そのツイートに対し宇森ひなこのファンが反応していました。

 

宇森ひなこは引退しましたが中の人(前世)は現在めりーさんとして活動しています。

体調の問題があるのか配信頻度はかなりゆっくりめです。

 

ちなみにめりーさんは自身のTwitterで素顔を公開しています。

宇森ひなこのようにピンク色の髪をしていて女の子らしい顔立ちでめちゃくちゃかわいい!

今後はめりーさんとして無理しないようゆるく活動していってほしいですね。

VTuberの引退⑥海夜叉神(うみやしゃのかみ)

海夜叉神は2018年5月24日ににじさんじよりデビューしたVTuberです。

白い肌に白い長い髪、頭にツノが生えた神様のようなビジュアルをしたVTuberで神様らしからぬゲーム実況動画やピアノ演奏、ラップなどを動画で配信していました。

 

そんな海夜叉神がVTuberを引退したのは2019年4月3日のこと。

自身のツイッターにて引退することを発表しました。

海夜叉神というキャラクターにぴったりな筆記の引退報告ですよね。

 

現在、海夜叉神のYouTubeチャンネルは残されていますが動画は全て削除されています。

 

海夜叉神はVTuberを引退した理由として、最後の生配信で「過去へ帰らなければならなくなった」と発言していました。

実は当初の予定ではもう少し早い段階で元の仕事に戻るはずだったようです。

しかし動画内で「VTuberでの活動は非常に楽しかった」と語っていることから、VTuberとしての活動を続けていきたいという気持ちが芽生えていたのかもしれません。

 

ですが海夜叉神の中の人(前世)の事情もあるのでしょう。

引退を発表する少し前から動画の更新頻度が落ちていたため、一部では「引退するのではないか」という声が出ていたと言います。

そんな矢先、海夜叉神は約1年足らずでVTuberとしての活動に幕を下ろすこととなりました。

VTuberの引退⑦八朔ゆず(はっさくゆず)

八朔ゆずは2018年5月4日ににじさんじよりデビューしたVTuberです。

ボブカットにブルーの目が印象的などちらかと言えばロリ系なキャラクターでした。

 

八朔ゆずといえば、大の仮面ライダー好きでしたよね!

時々暴走して仮面ライダーについて熱く語るときがありリスナーを引かせていました(笑)

 

そんな八朔ゆずがVTuberを引退したのは2019年5月7日。

5月5日に公式ツイッターにて引退するというツイートが投稿されました。

一体なぜVTuberを引退することになったのか。

最後の配信でも引退する理由については語られませんでした。

おそらく八朔ゆずの中の人(前世)に事情があり辞めなければならなくなったのでしょう。

 

実は八朔ゆずには「中の人(前世)がまだ学生ではないか」という噂がありました。

もしかすると受験や進路といった都合で辞めざるをえなくなったのかもしれません。

 

現在YouTubeのチャンネルは残されていますが、動画などは全て削除されています。

VTuberの引退⑧真堂雷斗(しんどうらいと)

デビューしたにも関わらず、短い活動期間で引退してしまうVTuberは決して少なくありません。

中でも、デビューして4日で引退した真堂雷斗というVTuberがいました。

 

真堂雷斗がVTuberとしてにじさんじからデビューしたのは2019年3月8日でした。

男前なビジュアル、声でデビューしてすぐに注目を集めたのですが、デビューしてすぐに真堂雷斗の中の人(前世)が明らかになり炎上してしまったのです。

真堂雷斗の中の人(前世)はhqquという人物でゲーム実況者として活動していた経歴があるのですが、過去に未成年喫煙・飲酒、そしてオフパコしていたことが発覚。

(このオフパコによりパコライトと呼ばれることも…)

 

度重なる契約違反」としてにじさんじから解雇され、デビューして4日で引退となりました。

VTuberの引退⑨織田信姫(おだのぶひめ)

織田信姫は2018年4月に活動をスタートさせたVTuberです。

ピンク色の髪に目元のほくろがチャームポイントの可愛い女の子でしたよね!

 

そんな織田信姫が引退を発表したのは2020年3月17日でした。

自身のTwitterにて引退するということを発表したのです。

実は織田信姫は、これまで何度も引退宣言をしたり引退を匂わせるような発言をしてきました。

そのためファンの中には「また今回もどうせ嘘でしょ」くらいに思っていた人も少なくなかったのですが、今回はガチでした。

 

突然の報告にショックを受けている人もいましたが、2020年2月に1ヵ月程配信が停止していた時期があったため「もしかすると…」と嫌な予感がしていたという方も中にはいたようです。

 

実は織田信姫がVTuberを引退すると発言する前に、モノ申す系VTuberである鳴神裁が「織田信姫、やめるってよ」という動画を配信していました。

鳴神裁の予言(?)は見事的中ということになったわけです。

 

織田信姫は2020年4月30日にYouTubeで引退配信を行い、VTuberとしての活動を終えました。

引退配信はこれまでに66万人以上の人に視聴されています。

YouTubeチャンネル、動画は現時点でもまだ残っており引退したにも関わらず23万人以上ものチャンネル登録者数がいます。

いかに織田信姫が多くの人に愛されていたのかが分かりますね。

 

新しく更新されないにしてもいつでも動画が見れるというのはファンにとっては嬉しいですよね!

 

引退した理由は明かされていませんが、「自分のやりたい事を全部できて満足した」このようにコメントしていることからVTuberとしての活動に悔いはないのでしょう。

VTuberの引退⑩姫鶴紗雪(ひめつるさゆき)

姫鶴紗雪は2018年9月28日に株式会社DonutsよりデビューしたVTuberです。

 

刀大好き天然小悪魔がキャッチコピーで常に刀を持っているという設定でした。

ミニスカート×ニーハイソックスの絶対領域にときめいた男性は多いのではないでしょうか。

 

そんな姫鶴紗雪は2019年4月8日に配信された動画で4月末に引退することを発表します。

 

そして話していた通り、2020年4月26日にVTuberを引退しました。

引退後もYouTubeチャンネルは残っており、過去に撮影した動画を配信するなどしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました